遺伝的要素がかなり強い

医者

高血圧と診断されるとびっくりしてしまいますが、そんな少ない話ではなく、遺伝的要素も強くあります。なにより塩分の取りすぎなどの食事による健康被害はかなり自分で気を付けるべきに思います。なにより食事療法で心身ともに健康に近づくようにしたいですね。

新たに登場したサービス

食事

腎臓が弱っているという人の場合にはそれ以上病状が進行しないように腎臓病食が必要となります。これを怠るとやがては人工透析が必要になり、合併症を引き起こすこともあります。介護をする際にはこういった特殊な食事は大きな負担となりますが、最近では毎日自宅まで届けてくれる宅配サービスも増えつつあります。

病と上手に付き合うために

食事

腎臓は、体内の老廃物を排出し生命を維持する重要な臓器です。腎臓病は、一度患うと回復することが難しい病気で、食事療法はその機能の低下を防ぐために自分で行う治療です。腎臓病の治療は長期に渡るため、病状や本人の好みを考慮しつつ、気負わず楽しみながら続けることが治療の助けにもなります。

法人や個人から人気

クリニコの特徴で介護食の用意を行ってみませんか?詳しい情報を調べて、ラインナップも見ておくといいでしょう。

様々な食品が提供

食事

病態栄養部門として業界で周知されているクリニコでは、個人向けにも介護や病気の際に利用することができる食品の提供を行ってくれています。 流動食などの病食が一般的に提供される中、クリニコでは様々な方々に食事を楽しみながら味わえる工夫を施した食品提供に努めており、中でも、とろみ食品は家庭においても利用できるサポート食となります。 病食でのデメリットは、ソフト食感などの噛み応えの無さを挙げることができ、自然と食が細くなります。クリニコで提供するとろみ食品は、食べ物あるいは飲み物に加えることで適度なとろみをつけることが可能です。 咀嚼のレベルは1人1人で異なるため、レベルに合わせて加えることができますし、さらに粉末状でもあるため、外出先でも周りと同じように食事を楽しみたい際にも持ち運びがラクにでき、利用したい時に便利なテクニックとなります。

作る負担を減らした食品

加齢による介護や病気によって、食事に気を配る必要がある方々に対し、クリニコでは栄養と彩りまでを考えた食品を提供してくれており、個人の方々からも人気を集めています。 噛む力や飲み込む力が弱くなり、普通の食事が食べられない人向けに液体状にした流動食をはじめ、咀嚼時に喉につかえたり、むせるなどの食事のデメリットを回避するべく、形を変えた嚥下リハビリ食品などを提供してくれています。 個人で1品1品を手作りするには手間が掛かることもあり、こうした機能性を高めた食品を提供してくれるクリニコが支持を集めています。また、単に提供するだけではなく、美味しく食べるためのレシピまで紹介しています。もちろん、クリニコで提供する食品を使ったレシピであるためにサポートしてくれる姿勢も人気です。